英会話教室・英会話スクール【ECC外語学院】

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-086-144

お問い合わせ フリーダイヤル 0120-086-144

カウンセリング&無料体験レッスン

ECC流「英語回路」の
トレーニング方法とは?

ECC流「英語回路」のトレーニング方法とは?

英語回路(英語脳)のトレーニング・鍛え方 英語回路(英語脳)のトレーニング・鍛え方

「英語回路を作る
トレーニング方法」

株式会社ECC
総合教育研究所 所長
太田敦子

純ジャパ女子の太田敦子です。
突然ですが、皆さんは日本語が話せますか。私は何の問題もなく、無意識に日本語が話せます。
なぜ私は日本語がペラペラなのか、それは私の脳に「日本語回路」が完成しているからです。日本で生まれ育った日本人であれば、ほとんどの場合誰でも努力せず、自然に日本語回路が脳内に作られています。
では英語はどうでしょう。残念ながら、日本にいながらにして、「すぐに」「自然に」英語回路が作られることはありません。学校で英語の勉強をしただけで英語回路が作られることはありませんし、英語回路が作られなければ、辞書を片手に英語の勉強をいくら続けても、実際に話せるようにはなりません。英語回路が作られなければ、思ったことが英語で出てこないもどかしさに、生涯悩み続けることになります。

では、どのようにすれば英語回路を作ることができるのでしょうか。じつは日本にいながらにして実践できる、とても簡単な英語回路構築法があります。シンプルで誰にでもできる方法で、続けていればかなりの確率で英語回路が作られます。
英語を勉強しているのに話せるようにならないとお悩みの皆さん、英語を使いまわすためには、脳内に「英語回路」を作ってしまえばよいわけです。
ここにその実践法をご紹介します。

英語回路を作る3つのトレーニング法

  • トレーニング法その1.音読

    声に出して英文を読むことです。音読は脳科学の立場からも、大脳の言語中枢だけでなく広範囲にわたる様々な部位を活性化することが立証されています。長年、ECCの顧問を勤めていただいた、同時通訳者の草分け的存在の故・國弘正雄先生は、「ひと通り意味のわかった英文を、ひたすら音読する」方法を「只管朗読」と名付けられ、音読の重要性と効果を生涯にわたって訴え続けられました。
  • トレーニング法その2.シャドーイング

    音読は、文字を見ながら英語を声に出していきますが、シャドーイングは耳だけを頼りに、聞こえてきた英語を、ほぼ同時に自分の声で再生していくという練習法です。同時通訳の訓練法としても知られているシャドーイングは、脳内に英語音声のデータベースを構築するのに効果があります。
  • トレーニング法その3.サイトラ

    サイトトランスレーション(sight translation)を短くした言い方です。日本語を目で追いながら、瞬時に英語に直していく練習法で、これも同時通訳者のトレーニング法として知られています。私たち日本人は、黙っていても、頭の中は常に日本語が響いています。何か考えるときは日本語で考えていることがふつうです。この頭の中に浮かんできた日本語を、瞬時に英語のチャンネルに切り替える反射神経を鍛えるのがサイトラです。

トレーニング法その1.音読

声に出して英文を読むことです。音読は脳科学の立場からも、大脳の言語中枢だけでなく広範囲にわたる様々な部位を活性化することが立証されています。
長年、ECCの顧問を勤めていただいた、同時通訳者の草分け的存在の故・國弘正雄先生は、「ひと通り意味のわかった英文を、ひたすら音読する」方法を「只管朗読」と名付けられ、音読の重要性と効果を生涯にわたって訴え続けられました。
大切なのは、「ひと通り意味のわかった英文」を音読する、という部分です。むやみやたらに音読しても効果はありません。音読する英文は、発音、意味、文構造が理解できたものでなければ、英語回路作りには不向きです。
そして何度も繰り返すこと。できれば暗誦できるまで繰り返すのが理想で、國弘先生も「平均200~300回」と言われています。まあ、そこまで繰り返さなくても、0をひとつとって、最低でも同じ英文を20~30回音読しましょう。英文の長さにもよりますが、一度に30回も読むのが大変なときは、5~6回にして、それを何回かにわけて行うとよいでしょう。ただし繰り返し読んでいるうちに、意味を考えずにお経を唱えているような「空読み」状態に陥ることがあります。声に意味をしっかり乗せながら読まなければ、英語回路作りは進みませんので要注意です。

また音読の素材はどんなものでも構いませんが、手始めに中学校の教科書からスタートすることをお勧めします。学校の教科書なんて、と高をくくってはいけません。英会話に必要な基本がうまく配列されているのが教科書です。スターターとしてはちょうどよいのではないでしょうか。

音読の驚くべき効果とは

  • 正しい発音、ストレスやイントネーションなどが身につく
  • 日本語に訳さなくても、英語を英語のまま把握する力がつく(英語の語順感覚が身につく)
  • アウトプットに必要な使える英語表現(語彙チャンク)が蓄積される
    ※語彙チャンクとは意味のあることばのかたまり。英語を話すときは、英文を丸ごと発話するというよりも、使えるパーツをプレハブ建築のように自在につなぎ合わせて発話することが多い。
  • コロケーション(連結)感覚が身につく
    ※たとえば、「夢を見る」はhave a dreamと言うがsee a dreamとは言わないなど

トレーニング法その2.シャドーイング

音読は、文字を見ながら英語を声に出していきますが、シャドーイングは耳だけを頼りに、聞こえてきた英語を、ほぼ同時に自分の声で再生していくという練習法です。
同時通訳の訓練法としても知られているシャドーイングは、脳内に英語音声のデータベースを構築するのに効果があります。あまり難しくない英語でも何と言っているのか聞き取れないのは、この英語のデータベースが脳内に完成されていないからです。シャドーイングのように、英語を聞きながら音声を忠実に再現していく作業を続けることで、脳の長期記憶内にデータベースが構築されていきます。それに合わせてリスニング力が飛躍的に伸びていくのです。

シャドーイングは音読にくらべて、かなり負荷のかかるトレーニングなので、練習用の英文のレベルおよび練習時間には注意が必要です。最初のうちは、スピードが速すぎてついていけない、何と言っているのかまったく聞き取れない、知らない単語に気を取られているうちについていけなくなる、という方が多いはず。それでふつうです。できれば、自分の現在の英語力より2ランクほど下のレベルからスタートすることをお勧めします。音読用に中学校の教科書を準備されたのであれば、その準拠CDを使って練習を始めると、比較的スピードもゆっくりですし、発音もニュートラルで安定しています。あまりにもナチュラルすぎる英語を使って、途中でいやになってしまわないよう、自分で「これだったら大丈夫」というレベルから始めましょう。
また1回につきあまり長時間行わないようにした方がいいでしょう。嫌になったときは、潔く練習を中止して、音読練習に切り替えることをお勧めします。

シャドーイングの驚くべき効果とは

  • 速いスピードの英語でも聞き取れるようになる
  • 復唱する力が向上することで、頭の中での記憶保持能力も向上する
  • リスニングの際に、集中力が途切れなくなる

トレーニング法その3.サイトラ

サイトトランスレーション(sight translation)を短くした言い方です。日本語を目で追いながら、瞬時に英語に直していく練習法で、これも同時通訳者のトレーニング法として知られています。

私たち日本人は、黙っていても、頭の中は常に日本語が響いています。何か考えるときは日本語で考えていることがふつうです。この頭の中に浮かんできた日本語を、瞬時に英語のチャンネルに切り替える反射神経を鍛えるのがサイトラです。音読やシャドーイングの後に、同じ英文を使って、サイトラで仕上げるとよいでしょう。大切なのは目で追うスピードで英語に直していくこと。うんうんと唸るだけで、なかなか英語が出てこないときは、さらに何度も音読をしてから再度挑戦してみてください。できるだけ自動的に英語が出てくるまでサイトラを繰り返しておけば、実際に英語を話す場面でも、驚くほどスムーズに言いたいことが出てくるようになります。

サイトラの驚くべき効果とは

  • 日本語の語順に引きずられることなく、英語の語順(主語+動詞)が出てくる
  • 発話の瞬発力が鍛えられる

さあ、いかがでしたか。 音読、シャドーイング、サイトラと、どれも、いつでも自分ひとりでできるトレーニング法です。
少し簡単すぎるかな、と思うくらいの英文からスタートして、毎日20分くらいを目安に続けてみてください。
Good luck!

カウンセリング&
無料体験レッスンの流れ
(英会話コースご希望の場合)

  1. 予約した日時にスクールへ

    予約した日時にスクールへ

    スクールの雰囲気を実感。レッスン風景もチェックできます。

  2. カウンセリング+英語力チェック

    カウンセリング+英語力チェック

    カウンセラーと相談し、あなたに最適な学習プランがわかります。

  3. 体験レッスンへ

    体験レッスンへ

    厳しい審査基準をクリアした講師の質の高さを実感してください。

  4. 講師からの学習アドバイス

    講師からの学習アドバイス

    カウンセラー経由にて日本語でお伝えすることも可能です。

体験レッスンは後日のご案内となる場合がございます。当日ご希望の方は、事前にスタッフまでお申し出ください。

お電話でのご予約、お問い合わせは
フリーコール0120-086-144

カウンセリング&無料体験レッスンの予約申込み

「英語回路」のトレーニング方法についてご紹介します。英会話を学ぶならECC外語学院!全国にスクールを持つECCでは、一般英会話・ビジネス英会話・子ども英会話・TOEIC®L&Rの英語資格取得など、あなたの目的や条件に合わせてレッスンが選べます。