人気講師
向浦由実子 先生

スペイン語を話す国は多いのでスペイン語ができるとさまざまな国の文化にふれられます。

スペイン語を話す国は多いのでスペイン語ができるとさまざまな国の文化にふれられます。

POINT

ECCスペイン語講座のポイント

人気スペイン語講師 向浦由実子先生に、ECCのスペイン語レッスンの内容や魅力などを聞いてみました。
これから「スペイン語を学ぼう」とお考えの方はぜひ一度ご覧ください。

スペイン語を学ぶ魅力はなんですか?

スペイン語は20ヶ国以上の国々で公用語として話されています。人口でいうと4億人以上です。スペイン語が話せると世界が広がりますよ!また、スペイン、ラテンアメリカの人達の考え方は日本人とはかなり異なるので、あなたの人生観も変わるかもしれません。

ECCでスペイン語を教えるようになったきっかけは?

元々、得意なこと・好きなことを仕事にしたいと考えていました。昔から語学が好きで、スペイン語は勉強することも教えることも好きだったので、この仕事を選びました。自分自身も楽しめる、この仕事がとても理想的です。

ECCのスペイン語コースの魅力・特長を教えてください。

講師が熱心で情熱的です!一人ひとりの生徒様をきちんと見て、その人にあったスピードや教え方、弱点克服など、毎回工夫して寄り添っています。いつもあなたに向き合い、全力でサポートしていきます!

スペイン語を教える上で重要視しているポイントはなんですか?

一番心掛けているのは「楽しいレッスン」をすることです。語学が得意な方もいれば不得意な方もいます。
"継続は力"なので「これなら続けられそう」と思ってもらえるような、楽しく、その方のレベルに合ったレッスンができるよう心掛けています。また、レッスンで大事にしていることは、単にパターンを覚えるのではなく、自分で文章を作って相手に伝える力を身につけることです。実際、旅行などでコミュニケーションをとる際、それまでに習った知識を使って、なんとか自分の力で話さなければなりません。完璧な文ではなくてもいいので、「伝えたい気持ち」がとても大切です。

最後にこれからスペイン語を始める方へのメッセージをお願いします。

1番大事なことは「話そう、聞こう」とすることです。間違えるのは当たり前。恥ずかしがらず、「相手に伝えよう、そして相手のことを理解しよう」としてみると、会話がどんどん楽しくなってきます!また、スペイン語を話すうえで、文法は外せません。特に動詞の活用(主語によって活用語が変わります)はとても重要で一番難しいところではありますが、これを制すれば会話の幅がグンと広がります。ですから、諦めそうになっても信じてがんばってください。

プロフィール

ECC外語学院 スペイン語講師
向浦由実子 先生

大学時代にスペインのサラマンカ大学に留学。
フラメンコを踊るのが趣味。
2015年にECCスペイン語の講師に。

スペイン語コース
無料カウンセリング

COUNSELING

ECCは、入学前のカウンセリングを大切にしています。
あなたの目的に合わせた、スペイン語のスキルアップのための最適な学習方法をアドバイスします。

お問い合わせはこちら