韓国語を学ぶ魅力

ビジネスや文化の特長、言語を学ぶ魅力についてご紹介。

旅行先としての魅力

  • 知られざる魅力のある国

    韓国は「ショッピング」または「食べ物」のイメージが強いですが、韓国のいたるところには知られざるたくさんの魅力が存在しています。例えば、ソウル中心にある「北村」。ここでは現代と昔が共存していて、タイムスリップしたような感覚を味わうことができるでしょう。日本の都心とあんまり変わらない所に突然現れる文化財や風景、意外な習慣や風習の違いに初旅の方は少しびっくりするかもしれません。

  • 温かみのある国

    日本でも馴染みある韓国の食べ物を現地で口にした時、おいしさや値段はさることながら、サービスの量にも驚くことでしょう。「マシッソヨ!(おいしい!)」の一言だけでおかわりをしてくれるような優しさに温かさを感じることもあるかもしれません。

人や文化の特徴

  • ベースとなる儒教文化

    儒教文化が強い韓国では上下の関係を大事にします。縦社会性が強く、目上の方に対する礼儀は特に厳しいです。お酒の席でも上司や目上の方と飲むときは顔を横にして飲んだり、お酒は自分で注がないといった習慣があります。親を敬う気持ちを言葉でも表し、大人になるとしっかり敬語を使って相手に紹介します。

  • 「情」のある人々

    韓国と言えば「情」。活気あふれる韓国人は感情を表に出すタイプが多いと思われます。よく笑い、よく泣き、相手を思う気持ちが強い人達です。

ビジネス事情

  • 高まる韓国語学習塾

    韓流ドラマと出演スター人気から学習人口が激増した韓国語。
    今は韓流ドラマに加えてK-POPブームも。
    大好きなK-POPアーティストや韓流スターが話す韓国語がわかるようになりたい!日本や韓国で実施されるファンミーティングで直接話したい!等。その熱い気持ちで学習意欲が高まっています。クラスメイト同士で情報交換もできるかも。最近は大学で第2言語として履修する学生も増えているようです。

言語としての楽しさ

  • 日本人にとって学習しやすい

    韓国語は漢字の影響もあり日本語と発音が似ている単語や表現が多くあり、また語順や文法も似ているので、習得しやすい言語です。

  • 発音を気にせず楽しく話せる

    発音を間違ったら意味が全然通じない言語もあるため、日本人学習者は外国語を習う時、発音を気にする事が多いですが、韓国語は多少発音の間違いがあっても普通に通じるので、発音を気にしながら話す必要もそれほどなく、すぐにでも話す楽しさを味わえます。

その他の魅力

  • 挑戦!全国巡り

    韓国には世界遺産に指定されているところが全国各地にあります。韓国語を習って、地方にあるお城やお寺、韓屋村などの世界遺産や美しい絶景めぐりをしながら全国を旅する外国人も最近は多くなっています。

  • 本場の味を楽しむ

    各地方には、その地方の特産物を使った、その地方の代表的な食べ物があり、本場の味を楽しむことができます。もちろん殆どはソウルでも食べられますが、やはり本場の味にはかないません。日本でも有名な「ビビンバ」も、ビビンバの本場全州(ジョンジュ)で食べてみると、出てくるおかずの量やその味にはビックリするはずです。そのため、本場の味を楽しもうとソウルからわざわざ地方に出向くことも珍しくありません。

韓国語コース
無料カウンセリング

COUNSELING

ECCは、入学前のカウンセリングを大切にしています。
あなたの目的に合わせた、韓国語のスキルアップのための最適な学習方法をアドバイスします。

ご予約受付はこちら