ドイツ語を学ぶ魅力

ビジネスや文化の特長、言語を学ぶ魅力についてご紹介。

旅行先としての魅力

  • 美しい町並みのある国

    旅行先としてのドイツの魅力はまず第一に町並みの美しさが挙げられます。新しいものと古いものが調和し、整然とした町並みはそれぞれの都市が持つ個性とあいまって訪れるものを飽きさせません。全国いたるところに古い石畳のある中世から抜け出たようなようなメルヘンチックな町があり、有名なロマンチック街道に代表される七つの街道沿いには数多くの古城が存在しています。

  • 自然景観の美しい国

    自然景観の美しさも魅力です。北部の北海やバルト海沿岸地方、中部のライン川流域そして南部のアルプス山麓地方など、変化に富んだ景色は枚挙にいとまがないほどです。

人や文化の特長

  • 音楽・文学・哲学の文化

    ベートーヴェンやバッハ、ゲーテ、シラーなどを生んだ音楽、文学、哲学の国としてドイツには成熟した文化環境がしっかり整っており、多くの劇場、歌劇場、コンサートホール、美術館、博物館がある。年間を通して世界的な音楽祭、映画祭、演劇祭、アート展が各地で催されている。

  • 休暇を大事にする国民性

    ドイツ人は仕事よりも家庭を大切にし、仕事と私生活をしっかり区別しています。休暇はそんなドイツ人にとってきわめて重要な項目の一つです。休暇を取る権利がしっかり保障されていて、人々は夏休みなどに家族とともに長期のバカンスを楽しむことができます。一か月の夏休みを取るのもまったく珍しいことではありません。夏休みの開始時期も、各州が6月から8月にかけてずらしているほどです。

ビジネス事情

  • EU経済の中心

    8230万人の人口をかかえるドイツはEUの中で最大の経済力を持っており、ドイツ経済は自動車産業や重化学工業を中心に好調を維持し続けている。失業率もEU加盟国の中では最低で、EUのけん引役として常にリーダーシップをとり続けている。

  • 日本企業の進出

    日本企業も数多く進出しており、ドイツ西部の都市デュッセルドルフでは約7000人の日本人が暮らしていると言われ、ヨーロッパにおけるビジネスの一大拠点となっている。

言語としての楽しさ

  • 日本人にとって学習しやすい

    一般にドイツ語は「難しそう」というイメージがありますが、決してそんなことはありません。発音はローマ字式なので日本人にも発音しやすく、アルファベットも英語の26文字に4文字を加えるだけです。文法も基本的に英語と同じで、単語も英語と似たようなものが多いので文などの意味が理解しやすいです。初心者でもどんどん話せたり読んだりできるようになるので上達感が得られやすく、学ぶ楽しさが感じられやすい言語です。

  • ヨーロッパの通用性が高い

    ヨーロッパにおける通用度が抜群なので、ヨーロッパの国々を旅行するときはドイツ語を知っているととても便利である。

その他の魅力

  • 音楽留学に必須となるドイツ語

    クラシック音楽の本場、ドイツ語圏の国々(ドイツ、オーストリア)への音楽留学の際にはドイツ語が必要になります。近年になって留学先の音大などでは留学前の段階でも、かなりのレベルのドイツ語力を要求されるようになってきました。このため留学を目指す学生が、日本にいる間にできるかぎりドイツ語力を高め、必要となる検定試験を受けたりするなどの動きが顕著になっています。

  • 好調なドイツ経済と高まるドイツ語需要

    好調なドイツ経済を背景に、ドイツへ赴任する大手企業の社員およびその家族のためのドイツ語需要も増加傾向にあります。

ドイツ語コース
無料カウンセリング

COUNSELING

ECCは、入学前のカウンセリングを大切にしています。
あなたの目的に合わせた、ドイツ語のスキルアップのための最適な学習方法をアドバイスします。

ご予約受付はこちら
>