中国語を学ぶ魅力

ビジネスや文化の特長、言語を学ぶ魅力についてご紹介。

ビジネス事情

  • 世界の工場から世界の市場へ

    近年、中国での人件費などのコスト高で、外国企業の中国への製造業投資は減少しています。その一方、非製造業の投資は増加しています。現在、サービス業、最先端技術、贅沢品をどんどん中国へ売り込もうとしています。これにより、中国は昔の「世界の工場」から「世界の市場」になってきています。

  • 円卓ビジネス

    仕事では英語の使用は可能ですが、意外と英語が通じないところも多いです。中国のビジネスはよく「円卓ビジネス」と言われています。つまり、食事をしながら、商談をするケースが多いのです。中国語ができて、中国の風習を知っていれば、中国人とのビジネスがより円滑にできるでしょう。

旅行先としての魅力

  • 年間1億3300万(2015年)の観光客が訪れる国

    国土が広大な分、観光すべきところも数多くあります。北京、西安のような世界遺産が多い歴史的な町もあれば、上海、広州、香港のような現代中国の活気を感じられる町もあります。

  • 様々な「違い」を楽しむことができる国

    中国は多民族の国です。民族により、生活環境、風習、飲食習慣などが異なります。また、中国料理は世界三大料理の一つです。中国は国土が広大なため、気候も様々です。そのため、料理の味も地域により、濃さ、材料なども違います。中国語が話せたら、より深い、違う視点で多様な中国を楽しむことができるでしょう。

人や文化の特徴

  • 地域ごとの文化の違い

    広大な中国においては、地域によって生活習慣は驚くほど違います。そのため、すべての中国人をひとまとめにしてどういうような性格、特徴だと言うのは難しいです。例えば大陸の中国で育った中国人は基本楽観的で人と接することが好きです。顔見知りになると、仲良くなるために積極的に話しかけたり優しくしたりと、友達思いな人が多いです。

  • メンツを重んじる文化

    中国人はメンツを重んじるとよく言われます。例えば、友達を自宅に食事に招待した時、出した料理を全て食べてきってしまうと、料理が足りないように思われ、主人としてメンツが立たないのです。

  • 歴史のある文化

    中国文化と言えば、漢字、孔子、中国茶、中国料理、漢方医、中国武術などその悠久なる歴史と独特さで世界でも深い影響があります。

言語としての楽しさ

  • 日本語と共通性がある

    中国語は漢字を使用しています。ただし、現代中国語の中で社会、人文科学分野の単語の7割は日本から逆輸入された漢字であることを知ってる人は少ないのではないでしょうか。

    例えば、「社会」「政治」「文化」「国家」「自然」「学生」字形も意味も日本語と全く同じです。最近では「萌」も日本語と同じ意味で中国で使われています。

  • 日本人にとって学習しやすい

    普段から漢字に慣れている日本人にとっては、使われている漢字から文の内容を推察したり、文脈を連想したりすることができます。

    ですが、中国語での「走」は日本語では「歩く」の意味になっていたり、「老婆」は日本語では「妻」、「妖精」が日本語では「ばけもの」になるといった推測できない違いの発見も学習の楽しみのひとつです。

  • 話者人口は世界最大

    中国語は国連の公用語の一つで、母語とする人は約13億人。第二言語としても約2億人が使用しているといわれ、世界最大の話者人口を持っています。近年の中国経済の成長とあいまって、今後中国語が世界に与える影響力はもっと増していくでしょう。

その他の魅力

  • 中国語は就職・ビジネス対策にも

    現在、日本企業は先を争うように中国市場へ参入しています。そのため、中国語検定試験やHSKなど、中国語レベルを測る試験で優秀な成績を収めることができれば、中国市場への参入を考えている企業への就職は有利になります。中国の有名な諺ー知己知彼百战不殆(かれを知り、おのれを知れば百戦危(あや)うからず)。敵についても味方についても情勢をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはないという意味です。一衣帯水の隣国である日本と中国の言葉が両方できれば、ビジネスでも、日常生活でも有利になり、視野を広げることができるでしょう。

中国語コース
無料カウンセリング

COUNSELING

ECCは、入学前のカウンセリングを大切にしています。
あなたの目的に合わせた、中国語のスキルアップのための最適な学習方法をアドバイスします。

ご予約受付はこちら