英会話教室・英会話スクール【ECC外語学院】

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-086-144

お問い合わせ フリーダイヤル 0120-086-144

カウンセリング&無料体験レッスン

ご受講生の方はこちら

CASECについて

英語コミュニケーション能力判定テストCASECについて

●CASEC とは

CASEC(Computerized Assessment System for English Communication)は、公益財団法人 日本英語検定協会が基礎開発を行い、株式会社教育測定研究所が開発・運営を行っている、IRT(項目応答理論)に基づいたCAT(コンピュータ適応型テスト)として開発された、英語コミュニケーション能力判定テストです。
解答の正解・不正解に合わせて次の問題の難易度を変化させていくことにより、個人の英語能力を短いテスト時間で正確かつ客観的に測定することができます。
また、インターネット上で時間と場所を選ばずに受験ができ、約40 分~ 50 分で受験者の英語力を判定します。テスト終了後、CASEC スコアに加えTOEIC®スコア目安・英検級目安もその場ですぐにわかります。
●テストは日常生活・学校生活・ビジネスの場などに密着したシチュエーションから出題しています。
●テスト構成 計60 問 平均試験時間40 分~ 50分 (0 ~ 1000 点1 点刻み)
  Section 1 16 問 1 問につき60 秒 (0 ~ 250 点1 点刻み)
  Section問 1 問につき60 秒 (0 ~ 250 点1 点刻み)
  Section 2 16 問 1 問につき90 秒 (0 ~ 250 点1 点刻み)
  Section 3 17 問 1 問につき60 秒 (0 ~ 250 点1 点刻み)
  Section 4 11 問 1 問につき120 秒 (0 ~ 250 点1 点刻み)

CASEC 受験前の心構え

ECCでは、固定制クラス受講生を対象に、実力テストとして、CASECを導入しています。CASECスコアに加え、TOEICⓇL&Rスコア目安、英検級目安が判定され、次年度の進級レベルの参考として使用します。受験に必要な情報は、テスト期間前に各校より案内をさせていただきます。
環境チェック・受験・試験結果閲覧は、ECCホームページのCASECページ からアクセスをしてください。

●全体を通しての注意

●一問一問、大事に解きましょう。
CASEC は受験者の解答の正解・不正解に合わせて次の問題の難易度を変化させるので、易しすぎたり難しすぎたりする問題を出題せず、従来のテストより短時間で受験者にふさわしいレベルを判定しています。そのため、一問一問の結果が重要です。実力を発揮できるよう、最初から最後まで気を抜かずに解くようにしましょう。

●英語コミュニケーション能力判定テストCASECについて・CASEC受験前の心構え

●慎重に解答してから次の問題に進みましょう。
 CASEC は前に解答した問題に戻って解答し直すことができませんので、慎重に解答してから次の問題に進みましょう。
●速さは得点に全く影響なし。
 解答時間の速さは得点に影響しません。制限時間以内に慌てず解答してください。
●静かな環境で受験しましょう。
 Section 3、4 はリスニングの問題です。周囲の雑音にリスニングを邪魔されない静かな環境で受験することが大切です。

●各セクションの心構え

Section 1 語彙の知識

Section 1 では、コミュニケーションに不可欠な「語彙(vocabulary)の知識」を測定します。
画面に表示される英文を読み、空所に当てはまる「最も適切だと思われる単語」を4つの選択肢の中から選ぶ形式です。

Section 2 表現の知識

Section 2では、コミュニケーションに必要な「表現(set phrase)の知識」を測定します。画面に表示されるイラストを参考に表示される英会話文を読み、空所に当てはまる「最も適切だと思われる表現」 を4つの選択肢の中から選ぶ形式です。

Section 3 大意把握(リスニング)

Section 3 では、リスニング形式で、大意を把握する能力を測定します。音声で流れるナチュラルスピードの会話・情報を聞き、画面に表示された質問文(Question)に対して「最も適切だと思われる解答」を4つの選択肢の中から選んで解答します。
音声は1 回のみ流れます。また選択肢は音声が流れ終わってから表示されますので集中して聞き取ってください。

Section 4 書き取り(リスニング)

Section 4 では、リスニング形式で、自分に必要な情報を聞き取る能力を測定します。音声で流れるナチュラルスピードの会話・情報を聞き、画面に表示されている「音声と同じ内容の英文の空所に当てはまる単語」をキーボードから入力して解答します。
音声は3 回流れます。メモを取りながら解答可能です。
・空所が一か所でも間違いがあれば、その問題は不正解となるので慎重に解答しましょう。
・半角で入力します。全角で入力された場合は不正解となります。
・数字はアルファベットではなく、算用数字で入力します。(例:three → 3)
・大文字と小文字を区別して入力します。(例:monday → Monday)
・短縮されて読まれた場合には、そのまま一つの欄に入力します。(例:I'll / I'd / they're)